タイのバンコクと沖縄の2拠点生活

まさたい

デジタルクッキング

タイ料理の食材

更新日:

タイ料理は辛いイメージがありますが、辛さ・酸っぱさ・甘さが混じり合った味です。

野菜・ハーブ

パクチー

英語ではコリアンダーとも呼ばれます。セリ科のハーブで香りが強く、二日酔いにも効くそうです。

タイ料理では香りが強い根の部分を使います。

プリッキーヌ

長さが短い生トウガラシです。

タイ料理で使用するトウガラシの中でも一番といえる激辛で独特の風味です。

タクライ

英語はレモングラスです。レモンに近い香りがするハーブの一種です。

トムヤムクンでは、白い茎の太い部分を叩いて切って使います。

カー

しょうがに香りと形が似ていますが、より強い香りでトムヤムクンに使われます。

バイマックル

柑橘類のこぶみかんの葉です。

トムヤムクンではスープにそのまま入れて煮込んで、爽やかな香りをつけます。

バイガパオ

英語でホーリーバジルと呼ばれるシソ科のハーブです。

お肉と一緒に炒めるときによく使います。

バイホラパー

英語でスイートバジルと呼ばれます。

カレー料理では最後の仕上げにちぎってひと煮立ちさせます。

マラゴー

青いパパイヤのことです。

ソムタムでは熟れる前のものを皮を剥ぎ、薄い千切りにして使います。

ホムデン

見た目は小ぶりな赤玉ねぎに見えます。

エシャロットの一種で、独特の香りと辛みがあります。

バイトーイ

タコノキの葉です。

加熱すると香ばしく、もち米やお粥と一緒に炊いて香りづけに使います。

プリック・チーファー

大きく長い生の赤唐辛子です。

グリーンカレーを作る際に使います。

マナオ

柑橘類のライムって感じです。

酸味料としてよく使われます。

調味料

ナム・プラー

魚を塩漬けにして発酵、熟成させて作った醤油です。

質が高いものは色が薄くて透明度が高い。タイ料理にはなくてはならない調味料です。

シーズニングソース

大豆が原料で、旨味とコクを出すための調味料です。炒め物などに使います。

タオチオ

お味噌のような調味料です。大豆が粒の状態で入っています。

炒め物やカオマンガイにかけるタレに使用します。

ナム・プリックパオ

トウガラシ、ニンニク、ホムデン、干しエビなどが原料の甘辛い味です。

トムヤムクンでは必ず使う調味料。

タイの麺

センミー

米を原料にした乾麺です。ビーフンのような細麺をセンミーと呼びます。

バミー

日本のラーメンに似ていて、小麦粉と卵が原料で黄色の生麺です。

-デジタルクッキング

Copyright© まさたい , 2019 All Rights Reserved.