タイのバンコクと沖縄の2拠点生活

まさたい

教育

『日本の教育』安藤忠雄、大前研一

投稿日:

 

内容

生きる力×知識

生きる力の源。誰も頼りにならない、自分で何とかしなければいけない、全力で物事をやる。

 

勉強の仕方は、社会観察

文科省や親が決めたエスカレーターを拒否。

当たり前の子にしかなれない。1、2年くらい自分の好きなことをやる、留年してもいい。

失敗を恐れる人生は、その人生そのものが失敗している。

親や上司や社会など他人の人生を生きていることになる。

学歴の高い人は、失敗を認めない、理由を延々と述べる。一言謝れば済む話。

 

40歳以上はおつり

みんな挫折する、先が見えてくる。定年まで昇進しても一つが二つ昇るだけ、下手すりゃ一つ降りる。

あと20年は耐えられない長さ。

 

常に挑戦する、実学を学ぶ

自分の向いている分野で、いつまでも稼げる分野をつくる。

親も先生も子供を早く手放すべき。過去や自分の時代のことは分かるが、未来は分からない。

子供に「未来は分からない」と言う、「あなたはどう思う?」と一緒に考える、そして、とりあえずやらせてみる。

 

自分の人生+30年=子供の人生

30年先なんて分かるわけない。

古いモノを捨てて、新しいモノを学ぶ、「勉強は一生」という態度を教える。

いつも初心者に返る勇気が必要。

 

面白かったポイント

安藤忠雄と大前研一の対談は面白くないはずないです。

他人の目を気にしない人生を歩む、自分で学び続ける態度、が重要ですね。

勉強になりました。

 

満足感を五段階評価

☆☆☆☆☆

-教育

Copyright© まさたい , 2019 All Rights Reserved.